kintone:サンプル(JavaScript)の利用方法について

はじめに

はじめまして、トヨクモ株式会社の落合です。本ブログにて公開していくkintoneカスタマイズに利用するJavaScriptのサンプルについて、利用方法を説明いたします。

それでは、「101件以上を「さらに表示」ボタンを使って表示する」を使って説明いたします。

ファイルのダウンロード

まずは、ファイルのURLをクリックしてJavaScriptファイルをダウンロードしてください。ファイルに記述されている依存関係のあるファイルもダウンロードする必要があります。今回必要なファイルは以下の3つですね(^^)

ファイルの変更

3つのファイルをダウンロードしたら、cstap_lib_show_more_records.jsを変更しましょう。ファイルの上部コメントに記載されているように、以下の2点を変更します。

  • 27行目 var columns = []に一覧で表示するフィールドコードを指定
  • 30行目 レコード番号のフィールドコードを変更している場合は、var recordCode = “レコード番号”を変更

kintoneの設定

変更できましたら、kintoneのアプリの設定を行います。
まずは一覧の設定でカスタマイズビューに以下のHTMLを指定します。

<br />&lt;table class=&quot;recordlist-gaia&quot;&gt;<br />  &lt;thead id=&quot;cstap_thead&quot;&gt;&lt;/thead&gt;<br />  &lt;tbody id=&quot;cstap_tbody&quot;&gt;&lt;/tbody&gt;<br />&lt;/table&gt;<br />&lt;button type=&quot;button&quot; id=&quot;button_more&quot; class=&quot;btn btn-large btn-success&quot;&gt;さらに表示&lt;/button&gt;<br />

次に、JavaScript/CSSのカスタマイズで上の3つのファイルを設定します。

以上で、サンプルの設定は完了です。101件以上を「さらに表示」ボタンを使って表示することができたのではないでしょうか?

最後に

今回、本ブログにて公開していくkintoneカスタマイズに利用するJavaScriptのサンプルについて利用方法の説明しました。
サンプルは、弊社が動作に対して責任を負うものではありません。利用の際には十分に注意し、自己責任でお願いします。しかし、ご意見・ご要望等ある場合は、お気軽にコメントを残していただければと思います。

 

トヨクモのkintone連携サービスは30日間無料でお試しが可能です。自動で課金が開始されることはございませんので、「やっぱり必要ないな」と感じた時も、特に解約等のご連絡は不要です。以下のボタンよりお気軽にお試しくださいませ。

最新情報をチェックしよう!
>kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

4000契約以上(2020年11月時点)、kintone利用ユーザーのうち、5社に1つは使われている定番のkintone連携サービス。全6製品とも30日間の無料お試しをご用意しております。お試しはこちらから。

CTR IMG