Read Article

データを保持して別のアプリに情報登録!予約管理システムを作りたい

データを保持して別のアプリに情報登録!予約管理システムを作りたい

こんにちは!嶋田です。なんとかインフルエンザの猛威にやられずにいます。皆様はいかがでしょうか。ご自愛くださいね。

さて、弊社のkitnone連携サービスは、1製品だけでなく、2製品、3製品組み合わせることで、より便利に利用できること、もちろんご存知ですよね!?いろんな組み合わせの利用例は下記に記載をしておりますので、ぜひぜひご覧いただければと思います。

複数システムでの連携で、kintoneをもっと便利に

今回は、予約管理システム

さて、今回はそんな「組み合わせ利用」の最新例を紹介します。

よく、お客様からお問い合わせいただく内容に「予約管理システムはできないの?」というものがあります。外部にカレンダー形式で公開できるkViewerと、外部から情報登録できるフォームブリッジを提供しているので、なんとか組み合わせてできないか、と考えるケースが多いようです。で、結論から言いますと、これはできます!早速設定方法を見ていきましょう。

前提となるkintoneアプリについて

今回は、フォームブリッジとkViewerを連携させて、編集機能を付与する機能を応用し、参照したデータを保ったまま、フォームに遷移して、別のアプリに登録を掛けることを想定しています。今回の設定には、フォームブリッジ、kViewer共にプレミアムコースが必要なのでご注意くださいね。

また、kintone側には、「セミナー日程管理アプリ」と、「セミナー申込者管理アプリ」があるイメージになります。例えばこんなアプリですね。

【セミナー日程管理アプリ】

タイトル、日時、概要をシンプルに記載

【セミナー申込者管理アプリ】

セミナータイトルと日時に加え、お名前、電話番号、メールアドレス、要望欄を配置

※注意!!!

ビューからフォームへ遷移する際に、フィールドコードが同じフィールドへデータを渡します。ビューに反映させていない項目であっても、データが反映されてしまうため、データを渡したい項目だけ、2つのアプリでフィールドコードを一緒にして、データを渡したくない項目はフィールドコードが同一のものにならないよう、ご注意くださいね。

今回は、1つのスケジュールに対して、複数の人が予約する場合を想定しています。利用ケースとしては、セミナーや説明会、イベントの申込受付等ですね。

設定方法

①kViewerにて、「セミナー日程管理アプリ」からカレンダービューを作成する

こんな感じで設定しました

②フォームブリッジにて、「セミナー日程管理アプリ」からフォームを作成し、公開する ※APIトークンは、「レコード登録」「レコード編集」両方にチェックを入れてくださいね!

③フォームの公開URLを確認し、kViewerの”フォームブリッジ”にて、”フォームブリッジと連携する”にチェックを入れて、URLを入力する。ボタンレイアウトに関しても、ラベルに「予約する」と記入するなど任意の名前と色を設定してくださいね。

フォームブリッジで確認したフォームのURLを入力します

④フォームブリッジの”回答後処理”から、”kintoneアプリに保存”を追加し、「セミナー申込者管理アプリ」へ保存する設定を追加する。

セミナー申込者管理アプリの情報を追加します

⑤”フィールド”の画面の紫色のボタンから同期が行えるので、申込者管理アプリへの登録が必要な項目を同期し、不要なフィールドを削除する。非表示や、編集不可の設定なども必要であれば一緒に行いましょう。

必要な項目を選んで追加できます

⑤”kintoneアプリ”のタブから、kintoneアプリの保存先の設定を行います。「セミナー日程管理アプリ」の保存先フィールドを全て削除して保存した後、「セミナー申込者管理アプリ」の保存先設定が正しく行われているか確認してください。

「セミナー日程管理アプリ」に編集を掛けた後(実際には何も編集されない)、「セミナー申込者管理アプリ」へ新規レコードを追加するため、このような設定となります。

セミナー日程管理アプリには、編集が掛からないようにしましょう。

設定は以上となります。それでは設定ができているか、実際に登録してみましょう!

まず、kViewerの公開ビューから、予定を確認し、詳細を開くと「予約する」ボタンが出てきますのでクリックします。

kViewerから予約をクリック

すると、フォームのページに遷移されました!セミナータイトル、開始・終了日時も入力されています。(今回は改竄を防ぐため、セミナータイトル・開始、終了日時はフォームブリッジで編集不可に設定しています。)

フォームに遷移されました!

無事にフォームが表示されましたので、入力、登録を試してみます。

申込者管理アプリに、申込者情報のレコードが追加されていることを確認しました!!!

無事、登録できました!!!!!!

いかがでしたでしょうか? 今回はちょっと複雑な設置をご案内しましたが、是非お試しいただけると嬉しいです!!!

フォームブリッジ、kViewerを試したことがない!という方は、是非トライアルをお申込みくださいね!フォームブリッジ kViewer

それではまた。

この記事を書いた人

嶋田
嶋田
嶋田と申します。
kintone初心者ですが、少しずつ習熟してまいりたいと思います。
kintoneを初めてお試しになるかたにわかりやすく、使っていただいているかたにも参考にしていただける記事を目指してまいります。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top