Read Article

【追記あり】ワークフロー(プロセス管理)とプリントクリエイターを連携させてみたよ!

【追記あり】ワークフロー(プロセス管理)とプリントクリエイターを連携させてみたよ!

トッティです。

さて、本日プリントクリエイターと電子印鑑を組み合わせて利用しましたが、今回もプリントクリエイターネタです。

「ワークフローと組み合わせて使えないの!?」

このお問い合わせ、凄く多いです。kintoneから現在のステータス(ワークフローの状態)情報を取得出来ない以上、プリントクリエイターの機能では解決できないのですが、JavaScriptを少し編集することで、実は希望される状態は実現できます。developer networkでもお問い合わせいただき、落合が回答しています。さて、実際にやってみましょう。

「完了」になったら帳票可能にしたい

「完了」になったら帳票可能にしたい

 

プリントクリエイターからJavaScriptをダウンロードする

プリントクリエイターは、JavaScriptもしくはプラグインでkintoneと連携を行ないますが、今回はJavaScriptでの連携を前提にします。ここでダウンロードしたJavaScriptをkintoneに読み込むことでkintoneに帳票出力ボタンを表示させるのですが、このJavaScriptを少し編集します。

ここで出力したJavaScriptを編集する

ここで出力したJavaScriptを編集する

まずはJavaScriptをダウンロードしてみましょう。中身は下記のようになっています。

編集前

 

 

上記のJavaScriptの中で6行目の”appCode”は連携したアプリによって異なる文字列が出力されますが、他はほぼ同じJavaScriptが出力されます。
一括出力(プレミアムコース限定機能)を利用するか否かによっても異なりますが、今回は一括出力にも対応したJavaScriptを作成します。

ダウンロードしたJavaScriptを編集する

それでは、ダウンロードしたJavaScriptを編集しましょう。

編集後

 

変更点は14行目に

と、29行目に

が挿入されたこと。それと34行目に

49行目に

が挿入されたことです。

一つ目は「完了」というステータス時にのみ、出力ボタンを表示します、という意味で、ニつ目はviewidが「99999999」である一覧の時に出力ボタンを表示します、という意味です。viewidとは一覧を表示した時のURLの末尾に表記されています。

スクリーンショット 2015:01:18 23:18

これがviewid

ここでの「完了」と「99999999」は例として記入しただけなので、使用しているステータス名、viewidに置き換えてください。もちろん、appCodeも忘れずに変更してください。

このJavaScriptを読み込むことで、特定のステータスの場合と特定の一覧の際の一括出力しかできなくなります。確認してみます。

出力ボタンは無い。。。

出力ボタンは無い。。。

未処理ステータスのレコードだと、出力ボタンは出てきません。そこで、プロセスを進行し、完了にしてみます。すると、、、、

出力ボタンが出てきた!

出力ボタンが出てきた!

無事、出力ボタンが出てきました。一覧画面でも見てみると、

「完了レコード一覧」のみで出力ボタンが表示される!

「完了レコード一覧」のみで出力ボタンが表示される!

完了レコードという一覧でのみ、出力ボタンを表示することができています。これで「完了になったレコードのみ出力を可能にする」という状態が実現できました。ワークフローと帳票の連携で、間違って未承認の書類をお客様に渡すリスクも大幅に減らすことができます。

是非、試してみてくださいね。

プリントクリエイターは30日間無料トライアル可能ですよ!

それではまた。

【追記】こちらに記載したように、プリントクリエイターのバージョンアップに伴い、現在はJavaScriptの内容が変更されています。上記のカスタマイズを試したい方はこちらからサンプルJavaScriptをダウンロードいただき、記事内の「アプリコード」「出力ボタンを表示したいステータス」「出力ボタンを表示したいビューID」を入れ替えることで実装可能です。

※JavaScriptの個別カスタマイズに関しては、弊社で挙動を保証しているものではございません。実装方法に関してサポート対象外となりますので予めご了承ください。

この記事を書いた人

トッティ
トッティ
トッティです。「開発者ではない。でも、いろいろkintoneを使い倒したい!」そんなあなた、奇遇ですね、僕もです。非開発者としての高みを目指しつつ、その道程を共有致します。

今日も張り切って行きましょう。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top