やっと!?プリントクリエイターが「切り捨て」対応しました

「おい!kintone上の数値とプリントクリエイターで出力した請求書の金額が合わんぞ!」「1円だけずれるんだよ!」そんなお叱りを受けたことも、今や昔のようです。いえ、本当はつい最近まで受けてました、ごめんなさい。謝ります、トッティです。

 

タイトルの通りなんですけどね、今回プリントクリエイターのバージョンアップで数値の端数処理において「切り捨て」を追加しました。今までの処理は何だったかというと、「四捨五入」だけだったんですよね。もう一度言いますね、ごめんなさい。特に消費税の計算などですと、「切り捨て」で計算しているユーザーの方が多いようです。

国税庁によると、四捨五入、切り捨て、切り上げ、いずれも問題無いようですが、確かに切り捨てが多い気がしますね。

・・・なお、税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、・・・

※(総額表示の具体的な表示方法)内にて

「切り捨て」を設定してみよう!

さあ過去のことを言うのはもうやめましょう!今実装している機能を確認します。

数値を選択すると「端数処理」なる項目が!!
数値を選択すると「端数処理」なる項目が!!

今後は「切り捨て」がデフォルト設定、「四捨五入」も選択肢として残ります。よろしくお願いします。

kintoneの端数処理も確認しよう!

では、念のためkintone側の端数処理設定も確認してみましょう。まずは、該当のkintoneアプリ内「このアプリの設定」に進みます。

高度な設定に進もう!
高度な設定に進もう!

「詳細設定」の中、「高度な設定」進みましょう。

切り捨て!

kintoneでは「最近接遇数への丸め」「切り上げ」「切り捨て」から選択できます。ここで「切り捨て」を選択すると、プリントクリエイターと全く同じ表記ができます。この画像では「丸めかた」の隣の設定である「少数部の桁数」もゼロにしています。これで整数のみの運用ができますね。

 

kintone内で迷ってしまうこの「小数部の桁数」とフィールド設定時の「小数点以下の表示桁数」については以前解説しておりますので、迷われた際は下記も御覧ください。

「小数点以下の表示桁数」と「小数部の桁数」との違い

あ、あと今回説明しましたプリントクリエイター、こちらもトライアルを随時受け付けています!是非お試しくださいm(_ _)m

簡単で安価な帳票出力サービス:プリントクリエイター

【さらに進化しました】2016年12月、プリントクリエイターが大幅バージョンアップしました!

かねてからご要望いただいておりました、数値が0の場合に出力しない等の機能に対応しております!

詳しくはこちらの記事を是非ご覧くださいませ。

それではまた。

トヨクモのkintone連携サービスは30日間無料でお試しが可能です。自動で課金が開始されることはございませんので、「やっぱり必要ないな」と感じた時も、特に解約等のご連絡は不要です。以下のボタンよりお気軽にお試しくださいませ。

最新情報をチェックしよう!
>kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

kintone連携サービスの定番【トヨクモ】

4000契約以上(2020年11月時点)、kintone利用ユーザーのうち、5社に1つは使われている定番のkintone連携サービス。全6製品とも30日間の無料お試しをご用意しております。お試しはこちらから。

CTR IMG