Read Article

リッチなビューで情報公開、kViewerをCMSとして活用できるように

最近、kViewerのことばかり考えてるんです。なので、こんなに記事も連投になるんです。すみません、許してくださいトッティです。

そう、今回のverアップで見逃せない点はまだあるんです。今まではシンプルな見せ方しかできなかったkViewerですが、リッチなビューを作成できるようになり、より、CMS(コンテンツマネジメントシステム)的に利用できるようになったと思います。ちょっと紹介させてください!

レイアウトが設定可能に

今までのビューでは1通りのレイアウトしか持てませんでした。

従来の一覧ビューでは、「ヘッダーコンテンツ+メインコンテンツ」、この組み合わせのビューしか作成できませんでした。ここに柔軟性を持たせることで、より、それっぽいwebページを作成することが可能になりました。

では、新生kViewerの設定画面をお見せしましょう!

この中から選べる〜

メインコンテンツに加えて、ヘッダーコンテンツ、サイドコンテンツ、フッターコンテンツの有無を設定できるようになりました。

組み合わせるとこんな感じ

組み合わせてビューを作ると、少しリッチなページに見えます。是非、いろいろなビューを作成してみてください。

カードビュー、セグメントビューが新しく登場

今回、ビューの種類が増えました。カードビュー、セグメントビューという種類ですが、これも、よりリッチなページを作成するための機能です。

作成できるビューの種類

ちらっと、完成ビューをお見せしますね。

カードビュー

これが、カードビュー

これがカードビューの見え方です。画像も前面に出すことができ、ブログなどにも利用が可能かと思います。

セグメントビュー

セグメントビュー

こんな見せ方もできます。是非、いろんなビューを作成してみてください。

どうですか?そろそろトライアルしたくなってきましたか?

それではまた。

この記事を書いた人

トッティ
トッティ
トッティです。「開発者ではない。でも、いろいろkintoneを使い倒したい!」そんなあなた、奇遇ですね、僕もです。非開発者としての高みを目指しつつ、その道程を共有致します。

今日も張り切って行きましょう。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top