Read Article

カテゴリー機能を使用したアプリの作成・編集はCSVファイルで

カテゴリー機能を使用したアプリの作成・編集はCSVファイルで

皆様、こんにちは!

先日の1/10は何の日だったかご存知ですか??

・・・そうです!! kintoneのバージョンアップがありましたね!

今回のバージョンアップで色々な機能が加わっているんですね~!!ということで、私もいくつか試してみました!!本日のBlogで紹介するのはこちら。

・Excel/CSVファイルでカテゴリー機能を使用したアプリを作成する機能

・Excel/CSVファイルで複数のレコードのカテゴリーを一括編集する機能

なるほどなるほど、今までExcel/CSVファイルではカテゴリーの書き出しは出来ましたが、カテゴリーとしての読み込みは出来ませんでしたからね。これは以前トッティブログで注意点としても紹介していました。

早速ですが、バージョンアップしたカテゴリー機能触ってみましょう!

カテゴリー機能を使用したアプリの作成

因みに私、なぜかCSVでのアプリ作成に抵抗がありました、今まで。実際に作成してみると、こんなに簡単に出来るのかと今更ながら少し驚きです。。Excelで業務管理をしていた方がkintoneにデータを移すのは、手間など要らないわけですね!

さて早速ですが、まずは、Excel/CSVファイルからカテゴリー機能を使用したアプリを作成してみます!!まず、今回やりたいことを提示しますと、社内個人情報を部門ごとのカテゴリーで分けられるアプリを作成したいと思います!

では、いつもの感じで「アプリを追加」から今回はExcel/CSVファイルから作成を選択します。(新UI可愛いですね^^)

CSVブログ1

(今回、読み込むサンプルCSVはこちら)

CSVブログ

参照から読み込むCSVを選択すると、このように各項目に対し、どのフィールドを使用するか選択できるようになっています。

CSVブログ2

kintoneは賢いので、項目に見合ったフィールドタイプをお勧めしてくれますが、運用上使いにくそうだったら個人で選択しなおしましょう!

(因みにフィールドタイプの判断基準は下記だそうです)

CSVブログ7

一度設定したフィールドタイプは後に変更できないのでご注意ください。

さてここで、フィールドタイプを選択していると、、、今までは無かったカテゴリーの選択肢が・・!!なるほど、ココで設定するんですね。※カテゴリー選択できるのは1つのフィールドのみになります。

CSVブログ3

今回、社員番号→文字列(一行)、部署→カテゴリー、氏名→文字列(一行)、緊急連絡先→文字列(一行)、住んでいる都道府県(ドロップダウン) で作成しました。

ただ、このフィールドタイプを設定しただけですが、「作成」を押して見ると、、

CSVブログ4

おぉ!!!カテゴリーが既に出来ています。更に、、

CSVブログ9

各レコード、きちんとカテゴリー分けされていました!^^

CSVブログ6

かなり短時間でカテゴリー作成、またカテゴリー分けまで出来ましたね♪

レコードのカテゴリー一括編集をやってみます

次に、既存アプリのカテゴリー一括編集をやってみたいと思います!!

因みに、既に完成しているアプリにExcel/CSVファイルでカテゴリー機能を追加することはできません。

今回の編集は、カテゴリー機能がアプリ内に無ければ、kintoneのアプリの設定からカテゴリーの設定だけしてください。

レコードのカテゴリーわけをExcel/CSVファイルで編集したいと思います!!

①アプリにカテゴリー機能を足す(アプリの設定から進んでください)図1

②アプリのデータを書き出すCSVブログ14

③CSVファイルで編集CSVブログ15

④アプリに読み込み

CSVブログ16

さて、全てのフィールドがカテゴリーわけされているでしょうか。CSVブログ17

プリントクリエイター、kViewer…と全て確認しましたが、きちんとカテゴリー分けされていました!!

1レコードずつ設定するのはレコードが多いとかなり大変ですよね、、CSVファイルを使用すれば、パパパッと出来てしまいますので、カテゴリー分けを諦めていた皆様、是非是非試してみてください♪♪

それでは本日はこの辺で^^♪

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top