Read Article

kintoneから一覧表示の出力をしたいという方、いませんか?

kintoneから一覧表示の出力をしたいという方、いませんか?

こんにちは!トッティです!

 

このブログでも何回か取り上げている弊社のプリントクリエイター。kintoneから簡単・キレイに帳票出力するサービスとして、定番となっています。もう知らない方はいませんよね?

kintoneアプリ内のそれぞれのレコードから、見積書や請求書などを出力できるのですが、kinotne内の「一覧」をそのまま出力する機能は持っていません。

ですが、場合によってはプリントクリエイターでも対応できるケースがありますので、ご紹介します。

【2019年10月追記】2019年10月8日のverアップで、kintoneのレコード一覧をそのまま出力するのが、より容易になりました!下記にて詳細を記載しておりますので、是非ご覧ください。

kintoneのレコード一覧をキレイに印刷できるようになりました!

担当者別に月報を出力したい

例えば、これは可能です。普段は日報や訪問報告として運用しているアプリがあるとして、複数レコードに散在するデータを月に一度まとめて出力したい!そんな場合を想定しましょう。今回出力した帳票は下記です。

こんなレコード一覧から
こんなレコード一覧から

 

こんな一覧出力をしたい!
こんな一覧出力をしたい!

 

この様な帳票も出力できます。早速設定してみます。

 

複数レコードからの帳票出力を設定する

①背景pdfを作製・アップロードする

まずは、背景となるpdfをアップロードします。この辺りは何度か紹介しているので割愛しますが、HPにも記載していますので、ご覧ください。

②アプリ連携を設定する

次に、アプリ連携を設定します。もともとはkintoneで言う「関連レコード一覧」の様に、レコード内の情報をキーにして、他アプリから情報を取得するための機能ですが、自アプリとも連携が可能です。今回は自アプリ連携を設定し、一覧出力を実現します。

まずは、プリントクリエイターのトップページ内の「アプリ連携」に進み、新しくアプリ連携を作成します。

 

 

アプリ連携は連携元アプリを選択のうえ、連携先をURLで指定します。今回は、日報アプリのURLである

https://弊社のサブドメイン.cybozu.com/k/1066/を指定しました。

スクリーンショット 2015:06:30 10:09

 

次に、レコードの取得条件、並び順を設定します。例えば、下記の様に設定します。

スクリーンショット 2015:06:30 10:14

上記の取得条件、並び順は「作成者が一致したら」「日付の昇順に」情報を取得するという意味になります。「〜〜を取得する」の、〜〜の部分はまだここでは設定しません。で、今回実際に私が設定した取得条件は下記です。

スクリーンショット 2015:06:30 10:51

これは、連携クエリを直接書くことで、より細かい設定をしています。このクエリは、「作成者が一致し」、かつ「今月の」情報を日付の昇順で取得する、という意味です。

③レイアウト上にマッピングを行う

取得する条件は設定しましたので、実際にレイアウト上にマッピングを行ないます。

「アプリ連携」の中から選択
「アプリ連携」の中から選択

スクリーンショット 2015:06:30 11:24

番号の順に設定します。①まずは設置場所、②アプリ連携情報、③何を表示するか、の順番です。まずは日付のみ設定しましたので、プレビューしてみましょう。

スクリーンショット 2015:06:30 11:51

 

でました!まずは日付だけですが、最新レコードを使用するプレビュー機能で「作成者が一致し」「同月内の」「日付」情報を取得しました。この調子でマッピングを続けます。

できあがり!

スクリーンショット 2015:06:30 11:56

マッピングが終わりました!「日付」「訪問先」「報告内容」については、アプリ連携をして出力を行ないます。

では、プレビューしてみましょう。

スクリーンショット 2015:06:30 12:09

でましたね。完璧です。では、確認ですが、kintoneからも出力してみましょう。

 

ちゃんと取得条件が効いているか、確認します。下記の様に、別の担当者が作成したレコードや、古いレコードなどもありますが、「私(田里)の」「今月の」報告ができるでしょうか。

スクリーンショット 2015:06:30 12:14

 

出力自体はレコード詳細から行ないます。一覧表に近いレイアウトをレコード詳細から出力するのは少し違和感がありますが、それは言わないでください。

スクリーンショット 2015:06:30 12:18
ポチッとな!

 

 

できた〜!
できた〜!

やった、できました!余計なレコードから情報は取得せず、操作したレコードと「作成者が一致し(つまり私)」「今月の」情報をまとめました。今回は簡単な月報として出力しましたが、在庫の管理や、毎月のお客様毎の請求金額まとめ等にも良いと思います。単純に一覧をキレイに出力したい!という希望にもお応えできます!是非、試してみてください!

 

それではまた。

この記事を書いた人

トッティ
トッティ
トッティです。「開発者ではない。でも、いろいろkintoneを使い倒したい!」そんなあなた、奇遇ですね、僕もです。非開発者としての高みを目指しつつ、その道程を共有致します。

今日も張り切って行きましょう。
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. プリントクリエイターを試用している田辺 と申します。

    一つこの記事の中で疑問があるのですが
    「出力自体はレコード詳細から行ないます。」と書かれておりますが
    kintoneの一覧から一括印刷で行えないって考えてよろしいのでしょうか。
    またkintone一覧で一括出力できる方法って何かありますでしょうか。

    自分でも試してみたのですが月報一覧をPDF化した際に同じレポートが
    何枚も作成されましたので・・・

    • 田辺さん サイボウズスタートアップスの嶋田と申します。ご質問ありがとうございます。
      ご認識の通り、kintoneの一覧を出力する際は、一括印刷ではなくレコードの詳細ページから出力していただく必要がございます。
      こちらの記事で紹介しておりますkintoneの一覧出力は、アプリ連携の項目にてレコード取得条件を設定し、帳票上にレイアウトしていますので、レコードの詳細ページから出力を行なう仕様となっております。
      一括出力をされた場合は、それぞれのレコードに対してPDFを作成いたしますので、レコード数分のPDFが作成されてしまいます。

      「kintone一覧で一括出力できる方法」とは、kintoneで見えている一覧を都度、そのまま印刷されたい、ということになりますでしょうか。
      その場合ですと、kintoneにて絞りこみを行い、 その都度レコード一覧を出力するような設定はプリントクリエイターの機能では難しいかと存じます。
      プリントクリエイターのアプリ連携の設定では、「作成者名」「今月」といったような予め決まっている条件で抽出を行なう必要がございます。
      このような回答となり大変恐縮ではございますが、ご理解いただけますと幸いです。

      • ご丁寧な回答ありがとうございます。

        頂いたご回答を参考に様々な機能を試してみます。

嶋田 への返信 コメントをキャンセル

*
*
* (公開されません)

Return Top