Read Article

kMailerとプリントクリエイターの便利な連携機能のご紹介★

kMailerとプリントクリエイターの便利な連携機能のご紹介★

皆さん、お久しぶりです。新年明けましておめでとうございます。

今年の目標はまだ決まっていませんが、今月中には決めようと思います(`・∀・´)ノ本年もどうぞよろしくお願い致します!

ところで!今年に入って”kMailer”という新サービスがリリースされたのはご存知ですよね?名前通り、kintoneと連携させて、Mailを送信するサービスです!!

そんなkMailerは単体で使うのも優れたサービスなのですが、弊社の別サービスと連携させると、更に!とっても便利に使えるんですよ!

今日はそんな「kMailer」と帳票出力サービスの「プリントクリエイター」を連携させた便利な使い方をご紹介したいと思います!

今回、実施したいことの報告

弊社では、ほぼ毎月kintone連携サービスを紹介する『kintone活用セミナー』を実施していますが、いつもお越しいただいた方には会社名や名前をお伺いし、紙で参加者チェック✔をしています。参加者が多いと一覧から探すのも大変。。。ましてや、五十音で一覧にするということを行っていないので尚更です。笑

そのセミナー受付管理を想定して【kMailer×プリントクリエイター】の便利な連携をしたいと思います!

今回、やることを事前に報告しておきますね!

1、まず、プリントクリエイターで入館証を発行(出力)したい!

2、その入館証をセミナー参加者に送りたい!

3、入館証のQRコードを読み取って、簡単ステータス管理をしたい!

以上が一通りの流れです!

それでは早速!

プリントクリエイターで入館証を発行(出力)したい!

まず、【手順1】ですが、プリントクリエイターで簡単に入館証を作ります。

こんな感じになりました~!

QRコードは「sample」加工しています。

この入館証のQRコードは、各レコードのURLになっていて、読み取るだけでセミナー管理しているアプリの該当の参加者のレコードに飛べます!

そして、ここで【手順2】の下準備をするのですが、kMailerでは各レコードの添付ファイルフィールドに登録されている”画像”や”ファイル”を一括で送信するので、各レコードに入館証が登録されていなければなりません!

ということで、ここで弊社で無償提供している【添付ファイルフィールドへの自動保存JS】を使います。

これを利用すると、ワンクリックでレコード内の添付ファイルフィールドにプリントクリエイターで登録した帳票を保存することができるんです!

実際にやってみますね、

 

保存前の状態。ファイル名にフィールドの値を利用することも出来ます!

保存してみる。

保存押すだけ!一括で参加証が入りましたよ~!

このようにレコード一覧画面から保存することもできます。便利ですよね~。会社名がファイル名となった、参加証PDFが各レコードに保存されました!

正直、プリントクリエイターでこだわったところは以上です(・_・)

そして【手順2】、いよいよkMailerの登場です!

入館証をセミナー参加者に送りたい!

kMailerの設定はこちらのブログに託しますね。

今回、セミナー管理をしているアプリにkMailerのJavaScriptも追加します。

ここで凄く重要なのが、JavaScriptの設定の順番です。プリントクリエイターの標準のJSが一番上、その下に添付ファイルフィールドへの自動保存JS、一番下にkMailerのJSを設定してください。画像も添付しておきます。

順番がとっても重要!

実際にメールを送ります!

数分(秒?)後、、、↓

実際に送られてきたメール

無事に届きました~!(^^)♪ メールの下部に添付ファイルのダウンロードリンクもついていますね!

最後に【手順3】です。実際に、メールで送られた参加証から出欠管理をしましょう★

入館証のQRコードを読み取って、簡単ステータス管理をしたい!

テスト的に、いのまたソリューションさんの参加証で生成したQRコードを読み込んでみます!

いのまたソリューションさんのレコードにひとっとび!

ここで、レコード編集をします!

ステータスを”受付済み”へ。

完璧ですね!

これで、後々セミナーにお越しいただいた方の出欠をとらなくてもいいですし、お客様の名前が見つからず、お待たせすることもありません(`・∀・´)ノ☆彡

今回は、セミナー管理でKMailer×プリントクリエイター連携をご紹介しましたが、請求書の発行からお客様にメールで案内するなども、2つの連携サービスで実現出来ちゃいます★

是非、この便利な連携を自社用にアレンジして利用してみてください♪

※最後となりますが、プリントクリエイターの添付ファイルフィールドへの自動保存JSは、

・他のJavaScriptを適用している際は、挙動を保証しかねます。

・この追加JavaScriptの使用方法に関しては、サポート対象外となります。

とさせていただいておりますので、予めご了承いただけますようお願い申し上げます。m(_ _)m

また、2月28日にセミナーの予定はございません。

次回のセミナーは3月9日(金)に行いますが、kMailerの紹介もしますので、ご興味ある方はお気軽にご参加ください!

それでは本日はこの辺で^^

また見に来てください♪

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top