Read Article

【kintoneからメール送信】kMailerとメールシステムを簡単に連携できます!

【kintoneからメール送信】kMailerとメールシステムを簡単に連携できます!

だんだん秋の気配がしてきましたね!ナガノパープルが食べたいです、嶋田です。さて、本日はkintoneからメールを送信できる弊社サービス、kMailerのバージョンアップ情報をご案内します。kMailerって何?という方はこちらからホームページをご確認くださいね。30日間のトライアルも可能です!

GmailとOffice365のOAuth認証に対応しました!

kMailerはご利用のメールサーバーと連携してkintoneの画面上からメールを送信するサービスですが、連携されているメールサーバーの割合としては以下のグラフのようになっています。

GmailとOffice365で全体の75%を占めています。

以前からGmailのOAuth認証はご利用いただける状態でしたが、今回Office365においてOAuth認証に対応し、メール連携が簡単に、より安全にご利用いただけるようになりました!

OAuth認証って?

ごく簡単に言うと、事前に認可の登録を行うことで、メールアドレスやパスワードをkMailerに入力することなく、kMailerからメールサーバーへメール送信のリクエストを許可する仕組みのことになります。メールアドレスやパスワードを登録する必要がないので、簡単に、よりセキュリティの高い状態でkMailerとメールサーバーの連携ができます!

Office365での認証を例にとり、簡単に図でご案内します。Gmail に関しても認証の仕組みとしては同様になります。

まず、事前にkMailerに権限を与える認証を行います。

事前の認証により、kMailerはメールアドレスを参照する権限と、アクセストークンの再発行を行う権限、メールサーバーからメールの送信をリクエストする権限を持ちます。

アクセストークンとは、kMailerがサーバー上のデータを利用することを許可されていることを示す一時的なパスワードのようなものとお考えください。アクセストークンには有効期限があって、Office365の場合は60分なのですが、kMailerではこのアクセストークンを再発行する権限を持ちます。

この権限があることによって、kMailerはアクセストークンを再発行することができるので、一回認証すれば、認証を削除しない限り連携内容を有効にしたままにできます。

メールを送信する際は、kMailerが有している権限を利用してメール送信のリクエストを行います。

kMailerでの連携方法

kMailerでの連携の設定方法をご案内します。上記の手順図1枚目の、kMailerに権限を与える認証を行う部分になります。

Gmail

kMailerの「システム設定」>「メール設定」>「設定の編集、連携の切り替えをする」から設定が可能です!「お持ちのアカウントでかんたんに連携する」の「Sign in with Google」をクリックします。

連携するアカウントを選択します。

アクセスのリクエスト画面が表示されるので、「許可」をクリックします。

「テストメールを送信して、変更を保存する」を押すと設定が完了します。

Office365

「お持ちのアカウントでかんたんに連携する」の「Microsoftアカウントでサインイン」をクリックします。

アクセスのリクエスト画面が表示されるので、「はい」をクリックします。「テストメールを送信して、変更を保存する」を押すと設定が完了します。

30日間、無料でトライアル可能です!

連携の設定はとっても簡単なので、ぜひ試してみてください!!kintoneの画面からメールが送信できること。いちいちメールを立ち上げなくてもメールが送信できること。少しの差に思えますが、その小さな時間の積み重ねが大きな作業の効率化に繋がります♪

まだ試したことがないという方は、ぜひ下のボタンから登録を!!!!

↓↓↓↓↓↓↓

kMailerの無料お試し申込み
プラン別利用料金・その他の活用法はコチラ

この記事を書いた人

嶋田
嶋田
嶋田と申します。
kintone初心者と名乗りつつ業界5年目になりました。
kintoneを初めてお試しになるかたにもわかりやすく、使っていただいている方にも参考にしていただける記事を目指してまいります。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top