Read Article

【kintoneのアプリをバックアップしよう】アプリ復旧機能とkBackupを徹底比較!!!

【kintoneのアプリをバックアップしよう】アプリ復旧機能とkBackupを徹底比較!!!

こんにちは。大きな日傘を差して会社に来ていますが、なぜか鞄に折り畳み日傘と折り畳み雨傘が入っています、嶋田です。さて、本日のテーマは「kintoneにアプリ復旧機能があるけど、kBackupって必要なの?」です。

kBackupとはkintoneアプリに登録したデータが消えてしまった、消してしまった際に備えて、kintoneのデータをバックアップするためのサービスです。初めて聞いたよという方はこちらの記事でどんなものか簡単にご紹介しているので見てみてくださいね。

さて、「kintoneで復旧できるなら、自社でバックアップ取らなくてもいいんじゃないか……??」その疑問にズバリ、お答えしたいと思います。

この記事を読んでわかること
 フィールドやレコードを削除した場合、kintoneでは復旧出来ない
・アプリを削除する前に変更/削除した内容は元に戻りません
kBackupなら簡単1レコードリストア!
・今使っているアプリにそのままレコードを復活できます!!

kintoneのアプリ復旧機能とは

「削除してしまったアプリ/スペースを復旧する」機能は2020年5月のkintoneアップデートにおいて実装されました。アプリを削除してしまったときは泣く泣く、手元に残っているデータなどから再度作るしかなかったのですが、アプリを削除してから14日間であれば、アプリごと復旧することができるようになりました!

復旧方法は、アプリのIDを特定してkintoneシステム管理で入力し、「復旧」ボタンを押すだけです。

アプリを復旧すると、アプリを削除した時点の状態に復活ができます。

アプリを完全に削除してしまった場合はこちらで復旧ができるのですが、kintoneにて復旧ができるのは「アプリを削除した場合のみ」になります。また、「アプリを削除した時点」の状態に復旧するため、アプリの削除前に削除した内容はアプリを復旧しても元に戻りません。

kintoneの「削除したアプリを復旧する」のヘルプにも以下のように記載されています。

でも、kintoneで起こる「データ消しちゃって……」という人的ミスの場合、いきなりアプリごと消してしまうケースって、あまりないような気がします。起こりえるケースとしては「消したいレコードじゃなくて必要なレコードを消してしまった」「必要なフィールドを間違えて消してしまった」といったケースじゃないでしょうか??

その場合はkintoneでは復旧ができないんです。困りますね……

kBackupならフィールドもレコードも戻せます!

kBackupの定期バックアップの場合は、アプリ内のデータを全て、1日1回バックアップを取得し、30日間保持しています。オンラインバックアップであれば、アプリの追加・編集・削除の都度バックアップを行います。

バックアップされているデータを戻す(リストアと呼んでいます)場合、同じ構成のアプリを作成して戻すため、フィールドの削除やレコードの削除にも対応できます!

kBackupの画面で「リストアする」をクリックすると、

「このバックアップに含まれているフィールドコード一覧」が表示されています。

これを見ながらその通りにアプリを作成します。アプリテンプレートが登録されていれば、アプリテンプレートから簡単にアプリを複製もできます。このように同じ構成のアプリを作成して、指定した時間のデータを戻すので、フィールドを削除してしまったような場合でも、フィールドを削除する前の状態に戻すことができるんですね♪

1レコードのみのリストアの場合、運用中アプリに復活可能!

「アプリを作成して戻せることは分かったけど、データ削除してしまったときに毎回再度作るとなると少し面倒だな……」と思った貴方。ご安心ください!

「消そうと思ったレコードが実は違かった!」「今消しちゃったレコード、復活させたい!」といったような場合、その1レコードのレコード番号がわかれば1レコードだけ復活させることができます。レコードの特定方法やリストア方法の詳細はこちらから。

運用中のアプリに復元できるので、「今のレコード消しちゃだめだった!」というときもすぐに復元できます。操作も簡単なので、焦らずに復元ができますね♪

kBackupとkintoneの比較表

最後に、kintoneのデータ復旧と、kBackupのリストアの機能の違いをまとめておきます。

*1……kBackupでリストア可能なフィールドはこちらを確認してください。

30日間、無料でトライアル可能です!

kBackupはアプリを登録すれば1日1回、自動的にバックアップを取得でき、リストアの作業もマウスで完結します。 フィールドの削除、レコードの削除といった、なかなか防ぐのが難しい人為的ミスの際も落ち着いて速やかにデータを戻すことができますよ。テレワークが進み、kintoneでの情報共有が増えている方には、バックアップ、必須ですよね。

30日間のお試し期間でバックアップやリストアをしっかり試すことも可能です!!!ぜひご検討ください。

この記事を書いた人

嶋田
嶋田
嶋田と申します。
kintone初心者と名乗りつつ業界5年目になりました。
kintoneを初めてお試しになるかたにもわかりやすく、使っていただいている方にも参考にしていただける記事を目指してまいります。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top