Read Article

kintone hiveの講演内容や学んだ事などをまとめてみました!

kintone hiveの講演内容や学んだ事などをまとめてみました!

皆様こんにちは^^

三浦です。

だんだんと夏が近づいてきていますね!

私は夏が大好きなので、これからの季節、とっても楽しみです!!

 

 

さてさて、先週の金曜日になりますが、5月22日に六本木のアカデミーヒルズで行われた

kintone hive

に行ってきました。

 

kintone hiveはkintoneユーザーである方達がkintoneをどのように活用しているかを共有しあう場として開催されました。

hiveとは蜂の巣という意味だそうですが、活気あふれる場所という意味合いもあるんですね!

 

ハイブ2

 

 

私はkintone初心者ですが、参加させていただき沢山学んできました!

 

今回の講演で初めてアカデミーヒルズに行きましたが、とっても綺麗なところでした!!

こんな場所で講演が聞けるのかとドキドキワクワク・・・

開催フロアに到着すると、蜂の触覚を頭につけた、とても可愛らしいスタッフさんたちがお出迎えしてくれました^^

残念ながら写真は撮り忘れてしまいました・・・

 

 

開催会場はこんな感じです!

 

ハイブ1

 

私は早めに会場に着いたのでチラホラと空席がありますが、開演に近づくとほぼ満席状態でした!!

 

開会の言葉があり、まずは

株式会社サイバーエージェント

さんの講演でした。

 

ハイブ3

 

サイバーエージェントさんは「月次の締め、請求処理に工数がかかりすぎる」

ということで、kintoneを導入したそうです。

 

ハイブ4

 

今まではエクセルを使っていたそうで、kintone導入時の不安や、結果的にkintoneの導入を決めた要因などもお話していました!!

つい先日事例が公開されたのでこちらも御覧ください。

 

次の講演は、

株式会社 関西(青竹のふし)

さんです。

 

ハイブ5

 

青竹のふしさんは福祉サービスを行っている会社で、弊社のプリントクリエイターも利用してくださってます^^

 

 

ハイブ6
kintoneの画面から

 

 

 

 

ハイブ7
プリントクリエイターで出力した画面

 

 

プリントクリエイターは主に見積書や契約書を作る際に利用する企業が多いですが、

青竹のふしさんは、お客様のカルテをプリントクリエイターで作成していました。

もちろんkintoneも最大限活用しているようで、情報の共有やお客様との直接的なやり取りもkintoneでしているそうです♪

青竹のふしさんも事例が公開されています、是非チェックしてみてください。

 

ここで休憩を挟みまして、第2部です!!

 

2部のはじめは株式会社Rettyさんの講演でした。

こちらは、元cybozuの社員さんの講演で、ユーザー側の意見として、kintoneのやはり便利な点や、改善してほしい点等お話していました。

残念なことに、こちらのスクリーンに関しては写真撮影が禁止だったので

私の胸の中ということで、、、

すみません、、、笑

 

 

そして、最後の講演になりました!!

最後は

株式会社AmidA

さんの講演です

 

ハイブ8

 

 

主に印鑑を作っている会社みたいですね!

 

AmidAさんも、kintone導入前の失敗談とkintone導入後の改善された点等を

発表されていました!

 

ハイブ9

kintone導入によって、短期でのリリース・完成イメージの実現・開発費の削減

の3つ改善がされたそうです!

AmidAさんの事例はこちらです。

 

 

こんな感じで、4社の講演を聴きましたが、皆さんが言うkintoneのいいところは

結局は同じなのかなぁと思いました。

kintoneを使い始めて、費用の削減、情報の共有化、作業の時間短縮が改善されたという企業がほとんどでした!

 

 

最後の最後には、弊社の開発担当の落合もkintoneの使い方(と少し弊社の製品も、、、)を説明していました^^

 

ハイブ10

 

 

 

今回のkintone hiveは初めての開催でしたが、受付している時点から大変好評だったようで、もう既に

第2回の開催が決定

しているんです!!

 

ハイブ11

 

 

第2回目のkintone hiveはcybozuさんのオフィスが移転するということで、日本橋のnewオフィスでオフィスの紹介もかねて2015年の10月に開催されます!!!!

 

私も学んだことが沢山あったので、是非皆さんも参加してみてください^^

 

 

 

今日のBlogはここまでです!

お読みいただき、ありがとうございました!!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top