Read Article

kintoneとWordPressをプラグインで連携させてみました。

kintoneとWordPressをプラグインで連携させてみました。

お久しぶりです、門田です。

記事の更新が空いてしまってすみません・・・。

先週お休みを頂き、オランダ・ベルギー・ドイツを周遊してきました!

ずっと行きたいと思っていた本場ヨーロッパのクリスマスマーケット、満喫して参りました。

ノートルダム大聖堂画像
ベルギーのノートルダム大聖堂に行きました

チェリービール画像
ベルギーのチェリービールです

まだまだヨーロッパ(主にベルギー)の魅力を書こうと思えばできるのですが、止まらなくなってしまうのでこの辺にしておきます。ただ、ベルギーは本当におすすめです。(笑)

 

では、今日もkitoneのより便利な利用法を説明していきます。

タイトルにもありますように、kintoneとWordPressを連携させることができるようになったのです。

まさに今皆さんがご覧になっているこのブログもWordPressを利用しています。

ただ今回のプラグインはブログ投稿などのCMS的使い方ではなく、問い合わせフォームやアンケートフォームとして利用するものです。

イメージとしてはこんな感じです。

プレゼンテーション1

わあ、弊社のフォームクリエイターと同じですね!WordPress専用プラグインですので、kintoneとWordPressをお使いであれば是非お試しください!

ざくっと言うと、kintoneアプリでアンケート項目を作成すると、そこから自動的にWordPressにアンケート入力フォームが作成されます。

そしてWordPressでアンケートを入力すると、そのデータが自動的にkitoneアプリに蓄積されるというものです。

 

 

実際に設定してみましょう。

最初にWordPressにプラグインをインストールする

まずはWordPressにプラグインをインストールしてください。

こちらからダウンロードしたプラグインをWordPressにインストールします。

 

kintoneでアプリを作成する

次にいつものようにkintoneでアプリを作成します。

私は、以下のような問い合わせ管理アプリを作成・利用することにしました。

01

 

APIトークンを控える

このアプリの詳細設定に進み、APIトークンをクリックしてください。

02

 

以下のような設定画面になるので、「生成する」をクリックし、「レコード追加」にチェックを入れます。

ここで表示されるAPIトークンは後で利用するので控えておきましょう。

03

 

 WordPressにコードを入力する

もう一度WordPressにログインし、新規投稿の追加画面に進んでください。

タイトルは用途に合わせ、自由に入力して構いません。

本文に、kintoneと連携づけるためのショートコードを入力します。

ショートコードは

10

となります。

 

実際に入力したものがこれです。

スクリーンショット 2014:12:25 1:07

 

モザイクのせいでわかりにくいと思いますが、APIトークンには先ほど控えたAPIトークンをペーストすれば大丈夫です。

アプリIDとサブドメインは以下の図を参考に、kintoneのアプリのURLからコピーしてください。

スクリーンショット 2015:07:28 13:11

 

 

これで設定は完了です。

このまま公開してもいいのですが、一度下書きで保存し、プレビューで確認してみます。

 

下記のようになりました。実際のフォームはこちらから確認できます。

06

 

とりあえず試しに入力・送信してみます。

07

 

このメッセージが表示されれば、完了です。

08

 

 

kintoneのアプリを見てみると・・・

09

 

ちゃんと反映されています。

成功です!

 

 

いかがでしょうか?

WordPressとkintoneを連携させてこんなことまで可能になるんですね!

正直なところ、WordPressってブログを書くだけのものと思っていたので驚きました。(笑)

ちなみにこの連携プラグインは無料となっています。

 

年末で皆さんお忙しい時期かと思いますが、ぜひぜひ時間を見つけて使ってみてください。

 

この記事を書いた人

門田
門田
kintone初心者です。kintoneマスター目指し、その道筋を綴っていきます。
皆さんに役立つ情報も入れていきたいと思うので、一読してみてください。
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 3 )
  1. このプラグインを待っていました!!!
    もう一つ、Wordpressのユーザー情報をkintoneで管理している顧客情報一覧と連携したいので、その機能を実装してください!!!
    (WordPressでBuddypressというプラグインを使い、カスタマー向けSNSとしてWebを運用しています。業務データと紐付したいので、カスタマー一覧をkintoneでも保持したいのです・・・)

  2. とてもよく使えるプラグインだと思います。
    ゲストスペース内のアプリを取り込みたくて試しにやってみたのですが、「ゲストスペース内のアプリを操作する場合は、リクエストの送信先を・・・にします。」と出てしまいます。
    簡単に設定できる方法はありますか?

  3. いいプラグインです。
    ただ、入力した内容を確認できるようにするにはどうすればいいだろう?

  4. 添付ファイルもできればもっといいです

  5. お世話になっております。

    フォームのデザイン変えたいのですが。。。

  1. […] kintoneとWordPressをプラグインで連携させてみました。(kintoneapp BLOG) […]

  2. […] 今回は、WordPress のプラグイン 「 Cybozu WP to kintone 」を使用して、 kintone アプリと連携してみたいと思います。ちなみに、私はこちらのブログを参考にさせていただきました。 […]

  3. […] 今回は、WordPress のプラグイン 「 Cybozu WP to kintone 」を使用して、 kintone アプリと連携してみたいと思います。ちなみに、私はこちらのブログを参考にさせていただきました。 […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top