Read Article

実際のアプリ・フォームを公開。アンケートフォームの作成・案内方法

実際のアプリ・フォームを公開。アンケートフォームの作成・案内方法

トッティです。早速ですが、昨日の記事をご覧になった方や、プリントクリエイターのアンケートにお答えいただいた実際のお客様から、早速お問い合わせをいただきました。

初期値が入っている

「この、初期値入りアンケートってどうやんの?」と。

たしかに、フォームブリッジだけの機能では実現ができないので、分かりづらいですよね。本日はこのフォームの作成・配布方法をご紹介致します。単純に「フォームブリッジ上に初期値を設定する」だけであれば、URLにパラメータを付けることででき、過去の記事でご案内しているので、ぜひご覧ください。

今回のアンケートフォームの特徴は、初期値を設定できることに加えて、

・宛先アプリと回答情報格納アプリが同一(何分の何が回答済、というのが1アプリで把握可能)

・宛先毎にステータスをもたせることができるので、2回目の回答を防ぐことが可能

とう点が挙げられます。ガチで自分たちで使用したものなので、サンプルっていうか、自社利用アプリ、フォームそのものの紹介となります。今回、フォームURLを編集したり、スプレッドシート(Excel)操作が必要な部分も出てきます。ですので、今回の記事に関しては、弊社からのサポート対象外とさせていただきます。この記事をご覧いただき、お手元で設定可能かご確認くださいませ!

「宛先リスト」兼「アンケート結果格納」アプリの作成

宛先リストはイメージが簡単だと思いますが、「会社名」「担当者名」「メールアドレス」等が入っているアプリを指します。また、アンケート結果は別のアプリに新規レコードを登録するのではなく、宛先情報が入っているレコードを更新する形で回答してもらいます。結果、こんな形のアプリとなります。

アプリはこんな形

①が宛先リストの機能をする部分、②がアンケートの回答内容が入ってくる部分となります。アプリの形ができたら、現状の契約ユーザーをCSVで入れ込みます。

こんな感じになる

今回、全レコードの「属性」フィールドに「初期値」という文字列を登録しました。これは後で使用するので、一旦無視してください。

フォームブリッジでフォームの作成

次に、フォームブリッジ側の設定を行います。

「フィールド」の設定

長いけどこんな感じ

①ではスライダーフィールドをフォーム上に設置し、数値フィールドに投げ込む設定をしています。スライダーフィールドの詳細はこちらでご確認可能です。②では、2019年の回答済ステータスを非表示にし、回答と同時にkintone側にも「回答済」のチェックをつける処理をしています。来年以降も同じアプリで運用できればなあと思っているので、こんなチェックボックスにしました。「お客様番号」という不変のキーを入れているので、来年以降も問題無く使用できるはず!と思っています。③はこの後、「回答後処理」で使います。「10点だったら推奨者として登録」、みたいなことを設定します。

「回答後処理」の設定(自動的に属性付けするため)

各数値と属性を紐づけ

回答後処理では、ある質問「プリントクリエイターを知人や同僚にお薦めしたいと思いますか?」に対して、0〜10のうち、何点と回答したかによって、適した属性を自動的に登録しています。

9-10の回答を「推奨者に自動置換」

回答後処理の詳細は上記画像な感じです。ここで「検索」する値は空では設定できないので、全てのレコードに「初期値」を持ってもらった、という経緯があります。何はともあれ、これで、回答された数値によって「初期値」を自動的に「推奨者」「中立者」「批判者」に変換することができました。

kViewerでMyページの作成

次にkViewerでMyページを作成します。

MyページURLのCSVダウンロード

ここからCSVでダウンロード可能

Myページを作成したら、そのアプリに存在するレコード分だけURLが生成されます。そのURLを上記画像の「MyページURL」に進み、CSVでダウンロードしましょう。レイアウト設定やレコード詳細設定は、何も触れなくてOKです。

絞り込み条件の設定(2回目の回答を防ぐため)

『2019年「回答済」のレコードは公開しないよ』って設定

上記が2回目の回答を防ぐための設定です。一度回答するとフィールド設定の②で設定したように「回答済」にチェックが入るはずなので非公開のレコードとなります。そうすると初期値が取れず、回答ができない、という扱いにすることができるのです。

2回目回答した時のエラーイメージ

このあたりのエラー文言を指定する方法は後日別途案内しますね。

回答用フォームURLの生成(フォームに回答者ごとの初期値を付与するため)

次は、回答へ誘導するためのフォームURLを生成します。まずは、kViewerのMyページURLと、フォームブリッジのフォームURLの構造をおさらいします。

それぞれこんなURLです

上記のようなURL構造になっているのですが、これと内部的なコードと組み合わせて、Myページの情報を保持したフォームのURLを生成できます。

ちょっと小さいですけど、こんな感じ

ここからこのURL構造をコピーして、生成を試してみてください。一部の文字結合をkintoneで行っても良かったかもですが、私はスプレッドシートで行いました。

ぼくは、こんな感じでやりました

①の部分は、「kViewerでMyページの作成」の手順でダウンロードしたCSVの内容です。なので、そのまま貼り付けるとこの3列がペーストされます。②は、MyページURLからMyページのレコードビューを抜き出したものです。スプレッドシートの関数の話なので、サポートできないのですが、MyページURLの”/detail/”より右側を抜き出すことが出来れば、このコードは取得できます。③は、上のサンプルで言うところの”https://form.kintoneapp.com/public/form/show/CCCCCCCCCC?__kViewerViewCode__=AAAAAAAAAA&__kViewerRecordCode__=”までの固定URLを置きました。これは固定なので、他と同じだけ行を用意する必要無かったですね(^_^;)。④は、最後ですね、”③&②”で結合しています。

この④のURLをkitnoneの各レコードに入れたいです。幸い、MyページURLのCSVにはレコード番号が記載されているので、これをキーに、「ファイルから読み込む」を行いましょう!

入った〜

OKですね!各ユーザー専用のURLが全レコードに入りました!

kMailerでアンケートURLを案内

kMailerではHTMLメールが送信できます。生成したアンケート用のフォームはあまりにも長いので、ハイパーリンクで送るのが良いのではないでしょうか。

文字列のハイパーリンク先も、kintone内のフィールドを指定できる

ハイパーリンクする際、リンク先もkintoneの各レコードから動的に取得し、設定が可能なのです。この方が、見栄えは良さそうです。

一斉送信して、完了です

最後、レコード一覧から送信を行えば、作業は完了です。お疲れ様でした!このリンクの送り方であれば、冒頭のように皆さん初期値が入っているフォームに誘導することが可能です。

ちょっと手順が多いですが、自分に必要な部分だけ順を追って設定すれば、きっとできるはずです。是非お試しください。

※繰り返しになりますが、今回の記事は、弊社サポートの対象外となります。ご注意ください。

それではまた。

この記事を書いた人

トッティ
トッティ
トッティです。「開発者ではない。でも、いろいろkintoneを使い倒したい!」そんなあなた、奇遇ですね、僕もです。非開発者としての高みを目指しつつ、その道程を共有致します。

今日も張り切って行きましょう。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top