Read Article

本登録する前に簡易的な仮登録を追加する設定を紹介します!

本登録する前に簡易的な仮登録を追加する設定を紹介します!

矢野です、今年一回目の投稿ですね!今年もよろしくお願いたします。さて、今回も当然kintone連携サービス「フォームブリッジ」の記事です!!今回のテーマは仮登録フォームについてです!!「仮登録フォーム」とは例えばなにか会員登録の際などに、興味の持った方に一度簡易的な仮登録をしていただき、その後に本登録に進んでもらうといった時に必要なものです!皆さんも一度は仮登録をさせられた経験があるのではないでしょうか。今回はこの流れを再現するような設定方法を紹介していきます!少しだけややこしく感じるかもしれないので丁寧に説明していきますね!

設定方法

今回は、いつものkintone、フォームブリッジの他にkViewerも使います!!kintone→kViewer→フォームブリッジの順がわかりやすいと思うのでこの順番で説明していきますね!!

kintone

まずは、kintoneの設定です。回答者の登録情報をkintoneに保存するのが目的なので、kintoneには登録してほしい情報のフィールドをすべて用意しておきます!例としては、このような感じです!これらのフィールドの中の「お名前」、「メールアドレス」、「電話番号」だけを最低限必要な情報として仮登録フォームに回答してもらい、それ以外は本登録時に回答してもらいます!

kViewer

そして、今回は仮登録されたフォームを本登録の際に再度編集してもらうのでkViewerのMyページというものを使います!!kViewer、Myページに関しては過去の記事をご参照ください!まずは、kViewerにログインします。そして、トップページの上の「Myページビューの登録」をクリックします。そうすると、登録画面に移動するので「本登録フォーム」というMyページを作成しましょう!ここで!!注意が必要なのは赤枠で囲ったところにしっかりとチェックを入れることです!特に、編集を有効にしないと仮登録された回答を本登録に編集できなくなってしまいます!これで一番下の登録ボタンをクリックすればOK!

【19/4/26追記】バージョンアップ後、フォームブリッジとの連携方法が変わっていますので、後ほどご案内します!!この後、ビューからフォームブリッジに遷移して、編集も行えるようにしますので、レコード閲覧・追加・編集の権限を付与してAPIトークンを発行し、コピーしてkViewerに入力してください。

最後に作成した「本登録フォーム」の編集画面の中の詳細項目というページで、上の画像のように「表示するフィールド」に全てチェックを入れましょう!これで、kViewerの設定は完了です。

【19/4/26追記】本登録フォームの中の「レコード詳細」にて、上の画像のように全てのkintoneフィールドにチェックを入れます。その後、保存、編集を完了し、ビューを公開してください。その後、フォームブリッジと連携の設定を行う必要があるのですが、後ほどご案内します!!

フォームブリッジ

今回、フォームブリッジで必要なフォームは2つあります!!「仮登録フォーム」と「本登録フォーム」です!!「仮登録フォーム」では、とりあえず興味を持っていただいた方に簡単な登録をしてもらうためのものです!その登録後にメールを送信し、「本登録フォーム」の回答に進んで頂くという流れです!!この2つのフォーム、必ず「仮登録フォーム」を作成してから「本登録フォーム」を作成してください!!この順番は非常に大事です!!!ですのでこの順序で説明をしていきますね!

仮登録フォーム

まずは、kintoneの「登録フォーム」から仮登録フォームを作成します!ここで設定すべきことはフィールド、kViewerのMyページとの連携、自動返信メールの3つです!!まずは、フィールドの設定ですがkintoneのフィールドの中で必要最低限なもの以外を非表示にしておきます!!今回は「お名前」、「メールアドレス」、「電話番号」を選択しました。メールアドレスは本登録フォームのURLを案内する際に必ず必要になりますね!そして、フォームのトップページの「kViewer」という項目からMyページの連携の設定を行います!「kViewerとの連携情報を更新する」を押して、「Myページを利用する」にチェックを入れ、先ほど作成した「本登録フォーム」を選択しましょう!これで、回答がMyページに反映されるようになりました!最後に、本登録フォームを案内するための「自動返信メール」の設定を行います!またトップページに移動し「自動返信メール」で、メール本文の編集を行います!画像のように、まだ本登録は完了していないことを強調しつつ、MyページのURLを張り付けて本登録を促しましょう!!これでこの仮登録フォームの登録はおしまいです!

本登録フォーム

最後に、「本登録フォーム」の設定を行います!このフォームもkintoneのフォームを用いて作成しましょう!そして、今回はフィールド、自動返信メールの設定は必要ありません。ここで大事なのはkViewerのMyページとの連携の設定です!!ここでも、さっき行ったのと全く同様に設定しましょう!!これによって、Myページの編集画面におけるフィールドが「仮登録フォーム」のものから「本登録フォーム」のものに上書きされました!!(Myページで編集できるフィールドが「お名前」「メールアドレス」「電話番号」だけだった状態から、全てのフィールドを編集できるようになりました。)本登録フォームの設定自体はこれで終わりです!!

【19/4/26追記】もう一つだけ、ご確認いただきたい項目があります!

最後にkViewerでもう一つ設定

最後に、kViewerでフォームブリッジのフォームとの連携設定をします。まず、フォームブリッジの「本登録フォーム」の公開URLを確認しましょう。

その後、kViewerの設定「フォームブリッジ」から、先ほど確認した「本登録フォーム」の公開フォームURLを貼り付けます。

その後、ラベルに「本登録する」など任意の文字を入れたり、ボタンの位置・種類・大きさを設定したら、保存、編集完了してください。これでkViewerから、「本登録する」ボタンを押したら、編集ができるようになりました。これで設定は完了です。お疲れ様でした!

実際に登録してみる

仮登録から本登録の流れを実際に試してみましょう!まずは、何らかの方法で仮登録フォームにアクセスし、仮登録を行いましょう!そうすると、入力したメールアドレス宛にメールが届きます!この、MyページのURLにアクセスすることで、本登録の進むことが出来ます。実際にクリックしてみると、、このようなページに移動します。仮登録の時点では入力しなかったフィールドには値がないですね。ですので赤枠で囲った「本登録する」をクリックして本登録に進みましょう!実際にクリックすると、今度は画像のように「本登録フォーム」の回答画面が出てきます!!ですのでこのページで残りを回答します!!このプロセスが本登録ですね!!これで回答を終了し、kintoneにしっかりデータが投稿されているか確認してみましょう!無事、本登録の方のデータが投稿されていましたね!よかったです。。

まとめ

なんとなく、流れは掴んで頂けたでしょうか?少しややこしいのですがやってみたいと思った方は是非試してみてください!回答者の立場では、「まず興味を持ったら仮登録をして頂き、そのあとメールで届いたURLにアクセスすることで本登録を進めることが出来る」という自然な流れになっていると思います!回答データは「一度仮登録の時点でkViewerのMyページ、kintoneアプリに保存され、本登録の段階でMyページから再度編集される」という流れになっております!設定自体はややこしいですが全体の流れとしては分かりやすいのではないでしょうか!

フォームブリッジが気になった方、試しに使ってみたい!と思った方は、こちらの無料トライアルにてお試しいただけます!ぜひ一度、フォームブリッジを使ってみてください!

これからも、フォームブリッジの便利な機能を紹介していきます!それではさようなら~!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top