Read Article

【データコレクトバージョンアップ情報】テーブルに対応しました!!!

【データコレクトバージョンアップ情報】テーブルに対応しました!!!

今年のコートをゲットしてほくほくしています、嶋田です。
さて、今回はデータコレクトのパワフルなバージョンアップの紹介です!

データコレクトって何?とはてなマークが浮かんでいる方はこちらをご確認ください。30日間のトライアルもできますよ♪

テーブル内フィールドの集計が可能に!!!

今まで、データコレクトで集計するデータとして扱えるのは通常のフィールドのみとなり、「テーブル」に設定されているフィールド(1レコード内で行が可変になるフィールド)は入力元のフィールドとしてご利用いただけませんでした。

お客様からお問い合わせや、ご要望を多くいただいていた部分でもあります。大変お待たせ致しました。今回のバージョンアップにおいて、テーブルに設定されているフィールドも入力元として利用できるようになりました!!!!

テーブル内フィールドをデータコレクトで扱えるようになったので、テーブル内の個別の値を集計できるようになりました。テーブルの中で、個別の商品のみの売上高を算出したり、テーブル内から会社ごとの受注額をレコードを跨いで集計したり、といったようなことも可能になります!

テーブルの情報がプレビューにも反映されています!

上記の例では以下のような式を設定しています。
kintoneアプリの中で、「商品名」に指定した商品のみの売上高を合計する

=SUMIF(注文内容!商品名,商品名,注文内容!小計)

「テーブル展開」を設定して利用します

テーブルフィールド内のデータは、「テーブル展開」の設定を作成することで入力元に利用することができます。データコレクトに登録されている、入力元として利用したいテーブルのあるkintoneアプリの「kintoneアプリの詳細」の「テーブル展開」から設定を行います。

「保存」すると、データコレクトのフィールド式設定画面上でテーブル内フィールドを利用可能となります。
機能の詳細や、設定方法に関してはこちらのページにてご案内しておりますので是非ご確認ください。

30日間、無料でトライアル可能です!

今回は簡単に、バージョンアップ内容をご案内させていただきました。
レコードを跨いで・アプリを跨いで、テーブルを集計できるようになったので、より柔軟に集計の設定が出来るようになりました。アプリを跨いでの受注管理や、予実管理など、活躍の機会がたくさんあるのではないかと思います!
トライアルは複数回行っていただくことも可能ですので、一度試してみたことはあるんだけど……という方も、ぜひ再度試してみてくださいね♪

データコレクトの無料お試し申込み
プラン別利用料金・その他の活用法はコチラ

この記事を書いた人

嶋田
嶋田と申します。
kintone初心者と名乗りつつ業界5年目になりました。
kintoneを初めてお試しになるかたにもわかりやすく、使っていただいている方にも参考にしていただける記事を目指してまいります。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top