Read Article

kViewerでkintoneのデータの累積グラフを表示することができます!

kViewerでkintoneのデータの累積グラフを表示することができます!

皆様こんにちは。夏本番がやってきましたね、嶋田です。今回のテーマは、「kViewerで、kintoneの値を累積させて高度なグラフを作ろう!!」です。「高度なグラフだとできないのでは??」と思った方。そうなんです。でも、トヨクモ製品を組み合わせることで、累積の値を使った高度なグラフが簡単に作成できるんです!!ぜひご覧ください。

この記事を読んでできること
 2軸を使ったグラフなど、高度なグラフの表示ができる
 kintoneに累積の値を入力し、分かりやすいグラフにすることができる

これまではkintoneのグラフの公開のみ

これまで、kViewerで作成・公開できるグラフはkintoneで作成したグラフのみでした。kintoneでは、折れ線グラフや縦棒グラフなどの作成が可能です。

kintoneで作成するとこんな感じ。

ただ、1つの軸でしか表現が出来ないので、「今月の売上の推移と、累積の売上を確認したい!」みたいな要望があっても、いい感じに作成することはできませんでした。

左1軸しか使えず、今月の推移はよくわからない……

今回はこの「今月の売上の推移と、売上の累積」のグラフをkViewerで作成してみたいと思います。

kViewerの高度なグラフビュー

kViewerの高度なグラフビューを利用すると、折れ線グラフ縦棒グラフを用いて、左と右にそれぞれ別の目盛りを表示して、以下のように作成できます!

2軸のグラフが表現できます

グラフの色、折れ線の太さ、値のタイトル、表示する目盛など自由に設定できるので、より伝わりやすいグラフが作成できます。このグラフであれば、「6月は好調!」「11月が不調。」など売上の推移も一目で確認できます。高度なグラフビューの作成方法はこちらから♪

高度なグラフビューではkintoneの値をグラフ化する

高度なグラフビューの設定画面を見てみると、以下のようになっています。kintoneにあるフィールドから、データ上に表示するフィールドを選択する形です。

表示するフィールドを選択する

kViewerでは各値を計算させるような機能はなく、kintoneの各レコードに登録されたデータを取得し、折れ線グラフや棒グラフとして表現します。先程の高度なグラフビューでは、「今月までの累計」を表示していましたが、この値を表示するためには、予め値がkintoneに入っていないと表示ができません。

これが、冒頭で述べた「高度なグラフビューでは出来ないよね?」の答えです。kViewerで計算機能がないので、予め計算した値を登録しておく必要があるんですね。毎月、「先月までの値」と「今月の値」を足して計算させるフィールドを設けるような方法も考えられますが、毎回の転記は面倒ですし、手動で転記していると転記ミスなどが発生する可能性もあります。

データコレクトで設定しておけば集計が可能!!!

そこで登場するのがデータコレクトです!データコレクトでは、kintoneの複数レコードや、複数のアプリ間でデータを収集したり、計算したりすることができます。簡単に設定をご案内しますね。

まず、アプリに累積した値を入れるためのフィールドを用意します。次に、「今年のレコード」「今月までのレコード」を抽出するキーとするために、「年」「年月」のフィールドを用意しました。

データコレクトの設定は以下のような感じになります。

SUMIFS(飲料売上管理!カフェオレ,飲料売上管理!年,年,飲料売上管理!年月,”<=”&年月)
このレコードの「年」と等しいレコードの中で、「年月が」このレコードの「年月」以下のものを抽出し、カフェオレの月毎の売上をSUMする式です。このように設定することで、「年月」「年」のフィールドが入力されていれば、来年以降も「今年の、今月までの累積」が集計できます。

時間を指定して自動更新もできます

こちらの集計は月1回行うことを想定しているので、手動で集計しても構わないのですが、毎月時間を指定して処理することも可能です。毎月何日の何時に処理を行うか指定できるので、今回は1日の3時に設定してみました。前日に追加された先月のフィールドを計算するようなイメージですね。

ダッシュボードも簡単作成

高度なグラフビューで作成したグラフは、ダッシュボードビュー上に表示することが可能です。複数のデータや複数アプリの情報も1枚のビュー上に表示できるので、各製品の売上推移を1ページで確認できるので、分析を行ったり、対策を立てたりするときにいちいちExcelからグラフを作成するような必要もありません!

30日間、無料でトライアル可能です!

お客様とのやり取りなどでkViewerを利用されている方も多いかと思うのですが、より分かりやすいグラフを作成したり、BIツールとしてもご利用いただけたりする、一粒で何度もおいしいサービス・それがkViewerです。是非30日間の無料お試しで試してみてください!!

※この記事にてご案内した「高度なグラフ」機能・「ダッシュボードビュー」機能はkViewerのプロフェッショナルコース・トライアル環境にてご利用いただける機能となります。プレミアムコース以下をご利用の場合は、設定・プレビューまでをお試しいただくことは可能です。ご検討の場合、別アドレスにて別途試用環境をご用意することも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

嶋田
嶋田
嶋田と申します。
kintone初心者と名乗りつつ業界5年目になりました。
kintoneを初めてお試しになるかたにもわかりやすく、使っていただいている方にも参考にしていただける記事を目指してまいります。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top