Read Article

プロジェクト管理ツール”Backlog”とkintoneを連携させてみた

プロジェクト管理ツール”Backlog”とkintoneを連携させてみた

「kintoneでもガントチャート表示はできるけど、やっぱりプロジェクト管理は別ツールでやってるんだよな。。。」

そんな方、いませんか?いますよね。

今回、ジョイゾーさんがkintoneとBacklogを連携するプラグインをリリースされたので、実際に触ってみたいと思います。

Backlogとは?

Image 2015-10-04 at 14.09

その前に、「Backlog?何それ?」という方もいると思いますが、Backlogとはヌーラボさんが提供するプロジェクト管理ツールです。3,500社を超えるユーザーがいるようなので(2015年10月4日HP確認)、kintoneと併用している企業もいると思います。タスクをガントチャートにして管理したり、サービスのバージョン管理などもできます。実は弊社サイボウズスタートアップスも1ユーザーとして、利用しています。便利です。

kintoneとBacklogを連携すると何が嬉しいか

あくまで弊社内の運用ですけど、「kintoneはゲストスペースを活用することで、企業間コラボレーションも可能」ですが、「Backlogは社内に限定したい」感じなのですよね。もちろん、Backlogでも企業を超えて活用している事例もあるようですが、あくまでうちの場合。

で、その場合、kintoneでコラボレーションしている相手企業から「この◯◯、もうちょっと△△した方が良いと思います〜。」等と要望があった場合、そのままBacklogに登録したいのです。できればワンクリックで。コピペは面倒ですし、コピペミスも往々にして起こり得ますし。その手間や心配が無くなったら、それは嬉しい!

弊社だと、上記みたいな運用イメージ

実際にkintoneとBacklogの連携設定をしてみる!

では、実際に連携してみましょう。ジョイゾーさんのHPによると、

  • 件名(Backlogでの件名)→文字列一行
  • 詳細(Backlogでの詳細)→文字列1行or文字列複数行orリッチテキスト
  • リンク→文字列一行orリンク

上記な、アプリが必要な様です。

この辺りはさくっと作ってしまいましょう。

さくっ
さくっ

アプリはこんな感じで良いのでしょうか。一応後でkintone側でもタスクとして認識しているか確認できるよう、「Backlogへの登録」フィールドを追加しました。kintoneに登録はしたけど、これはBacklogには登録せず様子見、というものもあるかなと思ったので。Backlogへ登録したら、このステータスを変える感じですね、手動ですけど。

次に、kintoneにプラグインを読み込みます。ジョイゾーさんのHPからプラグインをダウンロードし、kintoneに読み込みます。プラグインの読み込み方法はこちらをご覧ください。

アプリの設定画面は下記な感じで設定します。

スクリーンショット 2015:10:04 20:47

上記の様に必要項目を設定すれば、プラグインの設定は完了です。(Backlogのプロジェクト作成方法や、APIの取得方法は本題と外れるのでここでは解説しません。ヌーラボさんのHPに豊富なマニュアルがあるのでそちらでどうぞ!)

kintoneからBacklogに直接タスクを登録してみる!

さて、ここまでの設定でkintoneとBacklogとの連携は出来ているはずです。実際に動作するか確かめてみましょう。

先ほどのkintoneアプリを使用しますが、レコード編集画面に進んで驚き、URLのフィールドが編集不可になっている気遣い付きです。

URLフィールドが編集不可に。こういう心配りが嬉しいよね
URLフィールドが編集不可に。こういう心配りが嬉しいよね

登録後、レコード詳細画面に「Backlogへの課題登録」リンクが出現しました。

スクリーンショット 2015:10:04 20:49

どう考えても、これを押すとBacklogに課題が登録される感じです。ポチッと押しましょう。

ポチッ。おっ、いろいろ出てきた!
ポチッ。おっ、いろいろ出てきた!

リンクを押すと、ポップアップで詳細項目が出てきました。実はこれ、Backlog側で設定できる項目なんですよ。担当者や種別、重要度など、選択してから「submit」!

できたっぽい
できたっぽい

よし、できた雰囲気が出てます!レコード内のURLフィールドにもBacklogへのリンクが自動生成されています!

スクリーンショット 2015:10:04 22:32

さて、ではそのURLをクリックして、実際の課題の登録状況を見てみましょう。

課題として登録されている!
課題として登録されている!

やった!できてます!これで、「kintoneで社外の人から課題登録をしてもらい、その後の管理をBacklogで行う」が実現できそうです!

便利そうなので、Backlogをお使いの方は是非試してみてください。

Backlog チケット連携プラグイン(株式会社ジョイゾー)

プロジェクト管理ツール”Backlog”(株式会社ヌーラボ)

それではまた。

この記事を書いた人

トッティ
トッティ
トッティです。「開発者ではない。でも、いろいろkintoneを使い倒したい!」そんなあなた、奇遇ですね、僕もです。非開発者としての高みを目指しつつ、その道程を共有致します。

今日も張り切って行きましょう。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top