Read Article

【kMailer】フォームの自動返信メールを自社ドメインで送る!

【kMailer】フォームの自動返信メールを自社ドメインで送る!

【5月8日追記】先日実施いたしましたバージョンアップにおいて、機能としてフォームブリッジとkMailerを連携させることで、より簡単に自動返信メールを自社ドメインで送信することができるようになりました!
こちらの記事にて紹介していますので、ぜひ試してみてください♪


こんにちは!iPhone Xにしてからというもの、日々”映え”る写真の被写体を探していますが、つい逆光になってしまいます、嶋田です。

さて、今回はインスタ映えはしませんが、社内で”映え”ること間違いなしのお役立ち機能をご紹介したいと思いますヽ(・∀・)ノ

自動返信メールを自社ドメインで送信したい

弊社のフォームサービス、「フォームブリッジ」。フォームに登録されたメールアドレスに自動的に返信を行う機能を備えておりますが、自動返信を行うメールアドレス(From.)に関しましては、
スパムメールとして判断されてしまう危険性等を加味しまして、「noreply@form.kintoneapp.com」という固定アドレスからの送信とさせていただいておりました。

固定のメールアドレスから自動返信メールを送信する仕様

「この差出人アドレス、変更できませんか?」というお問合せをよくいただいておりましたが、その都度「恐れ入りますが、出来ないようにさせていただいております。」というご案内に終始しておりました。しかし、今回のkMailerのバージョンアップによって、光が差しました!

今回のkMailerの自動送信機能、メールを送信するタイミングとして「レコードの追加」「レコードの編集」もしくは「ステータスの更新」が選択可能となります!!!!

なので、フォームブリッジから「レコードの追加」が行われる度に、kMailerから自動送信を行うことができるようになりました。kMailerから送れば、メールは任意の自社メールアドレスを指定して送信することができますし、もちろん返信も可能です!

では早速設定を試してみます。

アプリとフォームを作成

この辺りはさらっと行きますね。まずkintoneアプリを作成します。

聞きたい項目を作成

続いてフォームを作成します。

フォームブリッジに登録してフォームを作成

なお、フォームブリッジの自動送信メールは今回使用しませんので、既にフォームに設定されている場合は、「回答後処理」から削除してくださいね。

フォームブリッジの自動送信は使用しません

kMailerの設定をおこなう

今回はフォームブリッジと連携しているkintoneアプリが「宛先管理アプリ」(メールアドレスが登録されているアプリ)になりますので、kMailerに登録されていない場合はメールセットの作成から行います。設定方法はこちら

宛先管理アプリには、今回フォームブリッジと連携させるkintoneアプリを登録します。

宛先管理アプリの登録

メールセットの登録ができたら、自動送信の設定をしましょう。

ここから登録を開始します

今回は「条件を指定するアプリ」も「宛先管理アプリ」も同じくフォームブリッジと連携しているアプリになりますので、「条件を指定するkintoneアプリのURL」にも、先ほどと同様にフォームブリッジと連携しているkintoneアプリのURLを入れます。

APIトークンも同じもので問題ないですよ

自動送信の条件を設定します。メールを送信するタイミングは「レコードの追加」。今回は「常に送信する」を選択しますが、もし追加されたレコードの中で、さらに条件を指定して送りたいような場合は「条件を指定して送信する」から設定を行います。

レコードが追加されたら常に送信する設定

この場合、「宛先の設定」は不要です。レコードが追加されたら、その追加されたレコードのメールアドレスのフィールドに自動的に送信されます。

追加されたレコードを宛先として自動設定します

次に、メールテンプレートの作成です。

ここで作成した文面でメールが送信されます

最後に自動送信の名称を入力します。その後、確認画面で内容を確認して、「保存」を押します。

管理画面でしか見えないものなので分かりやすいものを

kintoneアプリでWebhookの設定を行う

kMailerの自動送信設定の確認画面で「保存」を押したら、こんな画面が出てきました。

入力されている文字列をコピーします

自動送信の設定をするためには、最後にkintoneアプリに自動送信を行うための設定をする必要があります。

Webhook URL」の文字列をコピーして、「条件を指定するkintoneアプリ」のアプリ設定画面に進みます。青い「条件を指定するkintoneアプリ」をクリックするとWebhookの設定画面まで飛べますミ(ノ。・ω・)ノ

+ボタンから追加ができます

右端にある「+ボタン」からWebhookの追加が可能です。

「保存」「アプリを更新」を忘れずに!!

「説明」欄には先程の自動送信名称と同様、わかりやすい名前を入力します。Webhook URLには、コピーしてきたURLをペーストしましょう。

次に、「通知を送信する条件」ですが、kMailerの自動送信設定で「送信条件の設定」の「メールを送信するタイミング」で設定したものにチェックを入れます。
今回はレコードを追加したら常に送信する設定なので、「レコードの追加」にチェックを入れましょう。

「有効化」にチェックが入っていることを確認し、「保存」して、「アプリの設定に戻る」を押し、「アプリの更新」を行います。

アプリの更新までされていないと、Webhookが動く状態にならないので要注意!!!

ここ、忘れがちなので気を付けましょう…

アプリの設定に戻る→アプリを更新まで行います。

「アプリを更新」で、設定完了となります

フォームブリッジから投稿してみる

それでは、実際にフォームブリッジから投稿してみましょう!!!!

フォームブリッジの公開フォームから投稿

投稿後、kintoneアプリにレコードが追加されました!

kintoneアプリにレコードが追加されました

1,2分後くらいにメールボックスを確認してみると…

自社ドメインからメールが届いてました!!!

kintoneアプリのWebhookの画面で、ログも確認できます。

Webhookの実行履歴が確認できます

送信履歴アプリ」に、自動送信に関しても送信履歴が残ります。

なお、通常のkMailerによるメール送信の場合、「送信者」には操作をしたkintoneユーザーが表示されますが、自動返信の場合、自動的に送信を行っているため、「送信者」は「Administrator」で表示されます。

送信履歴を確認できました

いかがでしたでしょうか。

少し設定の手順がありますが、ひとつずつ行っていけばそこまで複雑ではないかと思いますので、ぜひ試してみてください♪

まだ製品を試したことがない!という方はこちらから30日間の無料トライアルが可能です((o(^∇^)o)) フォームブリッジ kMailer

この記事を書いた人

嶋田
嶋田
嶋田と申します。
kintone初心者ですが、少しずつ習熟してまいりたいと思います。
kintoneを初めてお試しになるかたにわかりやすく、使っていただいているかたにも参考にしていただける記事を目指してまいります。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top