Read Article

1,000人1,000通りの認証で各閲覧者専用の情報公開が可能に

本日トッティ二本目の記事です!やっぱりまたkViewerです( ´ ▽ ` )ノ

旧kViewerで良く要望としていただくのが、「パスワード認証掛けて、アクセス制限したい」というものです。「ふむふむ、それなら『認証制限の設定』でできますよ〜」と答えながら話をもうちょっと聞くと「うん、でもそれ、1つのビューに対して1通りのID/パスワードですよね?それじゃないんです」とのこと。

 

・・

・・・それじゃないか〜

 

と、いうわけで、「それ」な機能を実装しました。

 

これまでの「認証制限の設定」

これです。「それじゃない」認証制限

まず、これまでの機能を確認すると、画像の通り、1つのID/パスワードしか設定できませんでした。なので、10通りのID/パスワードを設定したければ10個のビューを作成するしかなかったんですね。結構大変ですよね。ごめんなさい。

これからの「簡易認証」

最大1,000件まで入れられる!
最大1,000件までID/パスワードを設定できる!

上記のように、1つのビューに対して、複数のID/パスワードを設定することが可能になりました。なので、よりセキュアな運用ができますね!このID/パスワードは、1つのビューにつき、1,000通りまで設定が可能です。手入力だけでなく、CSVでも登録できます。

でね、実はそれだけじゃないんです。・・・気づいてくれました?

名前、ID(ユーザー名)と、絞り込み条件を紐付けられる!

そうなんです。名前、ID(ユーザー名)と、絞り込み条件を紐付けられるので、

「田里さんがアクセスしたら、田里さんの所有物件一覧が表示される」

「伊藤さんがアクセスしたら、伊藤さんの所有物件一覧が表示される」

これが、実現可能になったんです!kintone側に各閲覧者のIDとなる値を保持していれば、キレイに表示分けができるってことなんですよ〜!是非試してみてください?

30日間のトライアルは随時受け付けていますよ〜。

それではまた。

この記事を書いた人

トッティ
トッティ
トッティです。「開発者ではない。でも、いろいろkintoneを使い倒したい!」そんなあなた、奇遇ですね、僕もです。非開発者としての高みを目指しつつ、その道程を共有致します。

今日も張り切って行きましょう。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top